今天讀賣新聞的晚報刊載了MISIA演唱會的評論,並且以「大師般的歌唱力,現場演唱的真實價值(圧巻の歌唱力 ライブで真価)」為標題,可見MISIA的歌唱能力已經到達某種境界了。

既然是大報紙讀賣新聞的評論,當然要簡單翻譯一下。
(有翻錯的地方請不吝更正!翻譯技巧太爛,請勿轉載丟人現眼。

「評」MISIA公演 圧巻の歌唱力 ライブで真価
「評論」MISIA的公開演出:大師般的歌唱力,現場演唱的真實價值

曲間のトークすらも美声である。声そのものに、まず聞きほれてしまう。
即使是曲子間談話的聲音也是十分美妙,對於這個聲音,首先已經聽的出神了。

MISIAは今年、デビュー10周年を迎える。新作「EIGHTH WORLD」を引っさげての全国ツアー中だ。当初から幅広い音域を生かしたパワフルな歌唱で、R&B色の強い音楽の流行を、先導してきた一人だ。
MISIA即將在今年迎接出道以來第十週年。目前正在進行以最新的作品「EIGHTH WORLD」為主題的全國巡迴演唱會。利用寬廣的音域進行充滿爆發力的演唱,帶領強調R&B的曲風流行風潮的創始者。

ダンサーを伴ってステージに登場。リズムを強調したヒップホップ調の曲でライブは幕を開ける。最近のシングル曲「Royal Chocolate Flush」も強烈なビートが響くが、彼女の声は決して埋没しない。高音の力強いボーカルが、ほかの楽器の音と競い合うように、どこまでも伸びていく。バックの音が分厚い場合、軽く声を合わせただけでも全体として曲は成立するが、彼女はきちんと、力を込めて歌っていく。「そばにいて…」「To Be In Love」などの比較的ゆったりした曲になれば、その歌唱力は一層際だつ。
協同舞群登場。以強調節奏感的嘻哈曲風開啟了演唱會的序幕。最近發行的新單曲「Royal Chocolate Flush」以強烈的的節拍迴響全場,但是也不能埋沒MISIA的聲音。力道十足的高音歌聲與背景的樂器像是在比賽一般的蔓延全場每個角落。厚重的背景音樂搭配上輕盈的歌聲,完成了每一首曲子,MISIA注入了力量,非常努力的演唱著。「伴你左右」、「To Be In Love」等較為舒適抒情的曲子讓MISIA的歌唱能力越發顯著。

どの音域でも彼女の声は濁らず、クセを感じさせない。声量のある歌手やテクニックの優れた歌手はたくさんいるし、訓練を積めば誰でも上達するだろう。けれど、持って生まれたであろうこの美声にはかなわないと思う。
無論是哪個音域,她的聲音始終保持清澈,並且感覺不到刻意。擁有音量或者是技巧的歌手有很多人;努力訓練也可以達成吧。但是,誰能夠被上天贈與如此美妙的歌聲呢?我想應該是沒有其他人了吧。

代表曲「Everything」はダンスミュージック風の面白いアレンジだったが、バックの音を薄くして改めて聴いてみたくなった。普段、サウンド重視で音楽を聴くことが多い記者が、こういう感想を持つことはまれだ。
代表曲子「Everything」以與舞曲的方式有趣的表現,背景音樂因為這樣的改編聽得不太清楚。平常聽音樂以音量為重點的記者,出現了這樣罕見的想法。

CDでもそのうまさは堪能できるが、ライブの方がより鮮明に、迫力が伝わってくる。そういう数少ない歌手の一人だ。2月23日には横浜アリーナで追加公演も行われる。(桜井学)
樂曲在CD中能夠表現出的熟練技巧,在現場演唱中更加鮮明與具有震撼力的被表現了出來。MISIA是屬於這種為數稀少的歌手之一。二月23日在橫濱也即將舉辦追加的演出場次。

――5日、代々木第一体育館。
一月五日,代代木第一體育館。

(2008年1月24日 読売新聞)
創作者介紹
創作者 MISIA+N 的頭像
MISIA+N

MISIA WATCH

MISIA+N 發表在 痞客邦 留言(2) 人氣()


留言列表 (2)

發表留言
  • 丸子爺
  • 沒錯!!!現場真的太威了

    米姐的現場真的是太威猛了!!!每次聽流星山丘都會聽到出神 囧
  • 美樂~
  • MISIA的歌唱實力和現場魅力已經超乎言語可形容的境界了!!!