1.jpg
(圖片可能未與文中曲目相稱)

今年7月にスタートしたツアー【星空のライヴV Just Ballade】。“星空のライヴ”(以下、星空)は2001年に、1夜限りのスペシャルライヴとして行われたのが始まり。そのすばらしさがネットなどで話題となり、シリーズ化したもの。それが今回で5回目を数えるまでになった。

 今回のサブタイトルは“Just Ballade”。日本のみならず、アジアをはじめとする各国でバラード歌姫として評価の高いMISIAならではのツアーといえよう。そんなライヴに期待しないわけにはいかない。都内では年内最後になるライヴに、駆けつけた。 会場となったJCB HALLはオペラシアターのような構造が印象的なホールで、歌声にじっくり耳を傾けるのにぴったり。週末に少しドレスアップした紳士淑女たちの静かな期待が渦巻く中、流麗なフルートと柔らかなアコースティックギターの音色でライヴは始まった。始まりを告げた「少しずつ 大切に」での、少し優しくなった秋の陽射しのように柔らかな歌声に驚かされた。盛夏の河口湖でのライヴで同曲を聴いたときは、爽やかな夏の太陽と吹き抜ける風を連想した。落ち着きを取り戻した季節のように、歌声からも季節の変化を感じることになろうとは…。

2.jpg

 続いてはがらりと変わり、ドラマチックなピアノが印象的なナンバーに。ソウルフルでジャジーなアレンジに乗せ、誰かを愛する女性の一途な胸の内を、体全体を使って情感豊かに歌い、オーディエンスを圧倒。大歓声と拍手が沸き起こった。

3.jpg

 3曲目が終わると、MISIAは深々と頭を下げ、「ようこそいらっしゃいました」と挨拶。「最高の夜にしましょう!」と語りかけた後、早速サプライズが(!)。「12月16日に、9枚目のアルバム『Just Ballade』をリリースします。今、感じていることをギュッと詰めたアルバムです」。そう言った後、早速アルバムからの新曲「僕の気持ち」を披露。「さぁ、皆さんも体をスィングさせてみて」と、微笑みながら体を左右に揺らすMISIA。明るいウォークテンポのナンバーに会場が一つに溶けてまとまったような気がした。

4.jpg

 こんな風に観客とバンド、そしてMISIAの距離感が近いのも “星空”の楽しさ。全編生バンドによるグルーヴ感だからこその、奇跡的な瞬間を体感できる。派手な演出やダンスパフォーマンスはないが、一体感のある空間は、シンガー・MISIAの魅力をダイレクトに感じられる。

 それを強く感じたのは、後半の「地平線の向こう側へ」の時。静かに語るように始まった歌は、次第にヒートアップするバンドサウンドとシンクロするように熱を帯び、ラストで爆発。MISIAが魂の歌い手であるのだと改めて知り、思わず肌が粟立った。
 その後も、ピアノのみをバックにした繊細な「そばにいて…」や、ゆったりと、切なく、大人っぽく歌った「To Be In Love」など、楽曲群はオリジナルとはまた違った光を放っていた。
 ファンタジックでどこか夢見るようなステージに魅せられ、あっという間にラストへ。バラードという制限の中で、人を惹き付け続けることは決して容易ではない。だからこそ、MISIAというアーティストは挑んでいるのだろう。これからは、“星空”がかつて経験したことがない冬がやってくる。新しい季節の中で、彼女の歌声がどう変わり、進化してゆくのか。

7.jpg

また、追加として発表された来年2月の【星空のライヴV Just Ballade ~MISIA with星空のオーケストラ2010~】でオーケストラと競演する大阪城ホール/横浜アリーナではどんな世界で魅せてくれるのか、ますます楽しみになった夜だった。

取材・文/橘川有子


更多圖片

9.jpg
5.jpg
6.jpg
8.jpg

出處
http://www.excite.co.jp/music/report/0910_misia
創作者介紹

MISIA WATCH

MISIA+N 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(5) 人氣()


留言列表 (5)

發表留言
  • 傾聽大海的聲音
  • 演唱會的燈光打得真是漂亮
    令人想要到現場一窺現況
  • FAFA*花
  • 我好期待星空DVD!!!

    PS:
    版主去哪了?上班很忙碌吧!
    最近很冷很冷~祝你健康!
  • 好玩唷
  • 請點P左上方Z小房子L看看喔

    歡迎t大家t來看看
  • 過兒
  • 百尺竿頭,更進一步
  • tonipaul52
  • 荊棘刺入了行路人的脛踝。